光井さんち



JBL 2402









音楽のジャンルはJBLのスピーカーという事で「JAZZ」、、と言いたいところ

なのですが,クラシックもお聴きで、オーケストラものはもちろんのこと小編成の

室内楽、声楽も。

 この部屋での音の傾向は、低域が少なめで乾いた硬めな感じがします。

硬い音と言ってもプリアンプ、パワーアンプ共真空管アンプですから、半導体アン

プで言われるような硬い音とは本質的に違っています。長時間聴くには硬めの音質

が向くように思います。(シーメンス・コアキシャルやオイロダインなどがこの

傾向でしょうか)

 当初2wayのスピーカーシステムだったのですが、CDがなんとか聴けるようになっ

た頃、JBL2402ツィーターを追加され、その結果は非常に良く、テストにかけた

CD、MJQのスケッチ・オブ・スペイン?違うみたい
、たそがれのヴェニスでしたか、

、この時に初めてCDがレコードの鳴り方を越えたと感じました。

 
 部屋のあちこちにCDを入れるラックがあります(背面にも)、CDも集まってくる

と置き場所に苦労されてる様子。

 


 CDプレヤー SONY SCD−1

 DAコンバーター PCM1794(抵抗IV、試作)

 プリアンプ マランツ#7

 パワーアンプ シーメンスF2a 三結PP(直結回路)

 他に電源安定化装置を併用されています。

 CDプレヤーはスーパーCDが再生可能なSONYのSCD−1をお使いなのですが

CDプレヤーからプリアンプへの接続はされていなくて、もっぱらトランスポートと

して通常のCD再生のみ、、、

 



スピーカーシステムは

低域 JBL 2231H ウーファ

高音 2420ドライバー+HL91ホーンの 2wayに

高域 2402 ツィーター追加

 写真でサランネットは黒に見えますが実際はこげ茶色です。

スピーカーケーブル、ピンコード、電源ケーブルなども結構試されている様子です。





 
 修理に預かったとき写したSCD-1の内部

それにしてもこのCDプレヤー、ちょっと移動するにも持ちたくない程重くて大きい!






雑記帳へ戻る